トピック

公益財団法人全国法人連合会飯島支部の提言を受けました2021/11/25

午前9時から、町長室にて令和4年度税制改正に関する提言書の提出がありました。

町内経営者の皆さんから、税・財政改革のあり方・経済活性化と中小企業対策などの提言があり、行政改革の中には地方議員の報酬削減見直しの内容もありました。

確認したところ本提言は議員に回覧をされればよいということで、通常の陳情とは異なるとのことでした。

11時からは、エコーシティー駒ケ岳の取り締り役会が開催され、上半期の決算報告を承認しました。

午後3時からは町議会運営委員会が開催され、調査案件の議員定数及び議員報酬の見直しの議論が始まりました。

ここでは、特別委員会を設置して調査をすすめることの確認が行われ、次回は特別委員会の構成を議論することとなりました。

私と副議長はオブザーバー出席しました。

2021/11/25 おりやま誠

 

公開日2021/11/26
おりやま誠

第10回いいちゃん産業祭りが始まります。みんなで盛り上げよう!

第10回いいちゃん産業祭り実行委員会(キックオフミーティング)が本日開催されました。

私は、下平町長と共に実行委員会顧問として出席しました。

商工会・JA・町の三者が協力して開催するイベントです。多くの皆さんがかかわって開催できることを改めて感じました。

第9回までは、日と場所を固定して実施していましたが、コロナ禍でもあり、11月3日から町内の各所で、なめこ収穫体験や、テントサウナなど35の産業体験プログラムがそれぞれ12月に入っても開催され、現時点で80人の申し込みがあり、プログラムによっては予約終了となったものもあるそうです。

また、11月20日は、上の原の旧選果場で、ドライブスルー市が開催されます。90件477商品がものによっては数量限定で予約販売されます。

詳細は、全戸新聞折り込みのチラシを見てご予約ください。

私も目移りする商品がラインナップされていました。

イベントは開催する人、客として参加する人がいて盛り上がります。

皆さんの力で町を盛り上げて行きましょう。

会の最後は、町長の元気玉3発で気勢を上げて散会しました。

2021/11/1   おりやま誠

 

公開日2021/11/01
おりやま誠

今衆議院議会議員選挙 長野県5区宮下一郎候補 の支援 最後のお願い

おりやま誠HPを訪問していただいた皆様ありがとうございます。

私は令和3年、この4月から未熟ではありますが、飯島町の議長として政党に公平な議会運営に努めています。

しかしながら、町議会に席を置いている一員として、今選挙で「宮下一郎と自民党を」勝たせていただきたくお願いをするものです。

伊那谷の各自治体は、中央・南の両アルプスに囲まれた山村部にあり、急峻な地形の中で山林や農地など自然を守りながら行政運営をしている財政力の弱い自治体が多いところです。

したがって国の財政的な支援が必要な自治体が多くなります。

急峻な地形は、土砂崩落や近年の温暖化に伴う局地的な豪雨による災害も発生しやすいものです。

治山工事や河川改修は命を守る大切な公共事業です。

また、三遠南信自動車道開設による静岡県との時間的距離の短縮、リニア新幹線による大都市圏との時間的距離の短縮は、今日の中央自動車道の開通と共に、伊那谷の夜明けを一層明るくする事業です。

しかしながら、野党統一の候補は、かつて中央自動車道の建設に反対し、現在はリニア新幹線建設を反対する党と連携し、当選すれば当然そうした圧力が強まることを懸念するものです。

また、ハードからソフトへという考えの主張をされており、治山治水を命の防波堤と考える私たち住民からは脅威に感じる発言の多い方です。

議会に身を置きながら「宮下一朗候補」がこれまでどれほど地域経済の発展に貢献し、治山治水・交通網体系の整備に尽力されてきたかという姿を目の当たりにしてきました。

福祉の充実にもずいぶん寄与していただきました。

普段の議会運営では、政党的中立を堅持している私ですが、今選挙においては、「伊那谷と国との太いパイプ役」・「政治と金問題とは無縁のクリーンな政治家」・「農政や財務を基軸とした豊かな政治経験を活かせる」即戦力の「宮下一朗候補」の当選を何としても成し遂げなければなりません。

今祝衆議院議会議員選挙長野県5区(伊那谷)にお住いの皆様にお願いをします。

今選挙は与野党の一騎打ちになっています。接戦が報道されています。

野党統一候補の掲げる公約にも一理ありますが、経済政策や国防を下位におく、あまりにバランス感覚を欠いた内容には不安を払拭できません。

この地域が今のまま自然を守りながら、経済的な基盤も強化していく各種インフラ整備のためには、どうしても「宮下一郎候補」の再選を死守しなければなりません。

投票日には、是非選挙区は「宮下一郎」比例区は「自由民主党」にご支援を賜りたくお願い申し上げます。

2021/10/29     おりやま誠

公開日2021/10/29・更新日2021/10/30
おりやま誠

交通誘導員の皆様に 尊敬と感謝を

交通誘導員の皆様へ

飯島町の農道の与田切橋の飯島側と七久保側で長く歩道工事が行われています。

町議会議長に就任以来、平日はほぼ毎日通勤の道路として議会へ通っています。

片側交互通行ですから、規制区間の前後で警備の方が交通整理をしています。

真夏の焼けつくような太陽の下で、初秋の冷たい雨の中で、そして冬に向かえば谷を吹きすさぶ雪に凍えながら。

大変な仕事だな、でもそのおかげで工事関係者は安全で安心な作業に専念できる。

勢いよく走ってきた車に向けて、申し訳なさそうな表情で頭を下げながら赤旗で制止する誘導員さん。先を急ぐドライバーのイライラを少しでも抑えながら、まさしくプロの仕事に思わず私も頭を下げてしまいます。

今は九月定例会中です。日に2往復も3往復もします。

いつもすれ違うだけで、言葉を交わしたこともありませんが、尊敬と感謝の気持ちで通らせていただいていることを皆様にお伝えしたいのです。

 

2021/9/10 夜     おりやま誠

公開日2021/09/10
おりやま誠

いいじま手打蕎麦の会 熊谷会長の 蕎麦にかかわる歴史

SUNTORY サントリーウェルネス株式会社発行する”一歩ツアーズ”という冊子に、熊谷会長の「わたしの歩む道」として蕎麦にかかわり、今日の「いいじま手打蕎麦の会」が立ち上がる”ご自身の振り返り”が掲載されていました。

発行元の許可を得ましてご紹介させていただきます。

本文

 

表紙

裏表紙

いいじま手打蕎麦の会 広報部長 折山誠です。

私は現在、蕎麦の会の協力を得て「そば道場ななくぼ」を経営し、蕎麦の里づくりに力を注いでいます。

また、この春からは飯島町町議会議長として議会運営に力を尽くしています。

店のスタッフの多くが現役を引退し、第2の人生を歩んでいる10余人が日替わりで店長・蕎麦打ち・フロアスタッフとしてかかわり運営しています。しかしながら、私の議会活動やそれぞれの体調・義理などでスタッフの確保ができないときがあります。

熊谷会長には、そんな折洗い場に立ち助けていただいております。「困ったらいつでも協力するから言ってほしい」と励ましていただいています。

求められれば県外県内に関わらず、どこにでも遠征する会員100名の団体トップとしての立場を越えて、常に蕎麦打ちの一線に出て、困っている現場があれば手を出し助けるという人柄が多くの会員を引き付けているものと思います。

まさに「住民協働の町づくり」の範となる活動に敬意を表します。

いつまでも、お元気で「蕎麦の里づくり」の前線で活躍されますことをお祈り申し上げます。

2021/7/25  おりやま誠

公開日2021/07/25・更新日2021/07/26
おりやま誠

戦傷病没者追悼式がありました

令和3年度飯島町戦傷病没者追悼式が7月9日に飯島町文化館大ホールで厳粛なうちに開催されました。

私は、町議会を代表して追悼の言葉をご霊前に捧げました。

明治以降の大戦で犠牲となられた多くの町出身者の御霊の鎮魂を目的に毎年度開催してきた式ですが、昨年度は新型コロナウイルスの関係で中止となり、2年ぶりの開催となりました。

平和な時代を十分に享受している今日、国のため郷土のために、家族の顔を思い浮かべながら傷つき・若い命を散らしていった皆さんは、遠い世界から、国内・町内で生じている様々な出来事や今の私たちの生活をどのように眺め感じておられるのか。私は、自分自身に困難が立ちはだかった時や、終戦記念日の近づくこの頃になると、そのようなことをいつも考えてしまいます。今日の平和の礎になられた御霊に対して恥ずかしい生き方だけはしてはいけない。そのように自身を戒めるようにしています。

さて、議員になってから毎年追悼式に出席していますが、一昨年令和元年度の主催者の式辞に胸をうたれ、時々その言葉を思い出しておりました。式辞の内容から、悲惨な歴史に対する受け止め方、今日に生きる私たちのあるべき生き様の方向を導いてくれているように思い、多くの人に伝えたいと考え、思い切って原稿を拝借し私のHPに掲出したいことをお願いし、承諾いただきました。

以下全文をご紹介します。

式主催者 社会福祉法人 飯島町社会福祉協議会 会長 箕浦税夫氏の令和元年度の式辞です。

 

式辞

戦後七十四年、今年も皆様方諸霊にお会いする日を迎えました

今、故郷は初夏を迎え空の青 木々の緑が目に鮮やかな季節となりました

 

本日ここに、明治から先の太平洋戦争に至るまで、苛烈の戦いで尊い命を失われた皆様方、三百八十余柱の御霊をお迎えして、ご遺族の皆様方をはじめご来賓、関係各位のご参列をいただき、令和元年度飯島町戦傷病没者追悼式を挙行するにあたり、諸霊の御前に謹んで追悼の誠を捧げます

 

諸霊は、度重なる国の危急に際し、祖国のために自らの青春の夢や志に満ちた一身をも顧みず、最愛の家族や肉親を故郷に残し、二度と故郷の地を踏むことなく、極寒のまた酷暑の大陸や南海の孤島・洋上・空中において、加えて本土防衛のために散華されました。

誠に深い悲しみであり痛恨の極みであります。

 

今を生きる私たちは、おびただしい命を犠牲にした戦争を絶対に許さないこと、もう二度と過去を繰り返さないこと、平和な世界を目指すこと、互いを理解し認め合う世界を創ることが私たちの責務と心するものです。

 

ご遺族の皆様方には、時は流れて心の傷はいえてきたとは申せ、往時に最愛の肉親を失われた心中はいかばかりかとお察し申し上げるとともに、その後において、筆舌に尽くし難いご労苦の中、子弟の養育や、家業に精励され、併せて地域の発展のためにご尽力くださったそのご忍苦に心から敬意とねぎらいを申し上げます。

 

戦後、日本は、平和と繁栄の道を歩み昭和・平成の時代を過ぎ令和の時代を迎えました。

当たり前のような今日の豊かさと平穏な毎日を顧みますと、私共の今日があるのは、誠に諸霊の犠牲とご加護の上にあるものと感謝と畏敬の念に耐えません。

 

近代日本は、平和を理由に戦争を重ねてきました。だが、敗戦により平和は戦争により得られるものではないと悟り、憲法前文で政府の行為により戦争の惨禍を起こさないことを決意し、平和への誓いを実践するために、第九条で戦争の放棄と戦力及び交戦権の否認を定めています。

この世界に誇れる平和憲法に謳われた「平和国家のかたち」実現に向けて七十四年間私たちは世界平和を希求して参りました。

 

今、この憲法九条を改正しようとの動きがあります。

日本の将来、平和国家のかたちを大きく変えようとする憲法改正は、国民一人一人の熟慮と十分な議論が重ねられた上でなされなければならないと考えます。

諸霊の無念の思いに応えること、孫子の代に託す平和な日本の姿を考えると責任の重さを感じます。

 

飯島町では、「人と緑輝くふれあいのまち」を目指して、教育の充実、福祉の増進、産業創造と振興、生活基盤の整備等を推進し、町民が安心して安全に暮らせる豊かなまちづくりに向け、積極的な施策を実施して参りました。

 

諸霊のご遺志に報いるためにも、私たちは平和を求め続け、戦争の史実、教訓を風化させることなく、後世に正しく継承し、希望と幸せに満ちた社会を築いていくために一層の努力を重ねることをお誓い申し上げます。

そのためにも、追悼式は、諸霊の鎮魂の場であり平和を考える機会であってほしいと願います。

 

ここに改めて、戦傷病没者各位の御霊がとこしえに安らかあらんことをお祈り申し上げますと共に在天の光として郷土の発展を末永く見守り賜うことを念じ申し上げ、更にご遺族の皆様方のご多幸をお祈り申し上げまして式辞といたします。

令和元年七月十日

社会福祉法人

飯島町社会福祉協議会

会長 箕浦税夫

 

公開日2021/07/15
おりやま誠

7.2網の目平和行進 議長挨拶

あいにくの大雨の中であったため、下記のあいさつ原稿を割愛しながら激励をいたしました。

 

ご紹介いただきました、地元飯島町議会議長の折山誠と申します。

議会を代表いたしまして、本日の「網の目平和行進」に参加されている皆様に一言激励を申し上げます。

広島・長崎の原爆投下による悲惨さは、マスコミを通じて全世界に広く知られていますが、皆さんは、下伊那郡阿智村にある、満蒙開拓平和祈念館を入館されたことはあるでしょうか。私は、阿智村出身ということもあり、3度訪れていますが、敗戦後に開拓団のたどったあまりに悲惨な展示物に胸が苦しくなって、途中で退館をしてしまい全てをみておりません。

同郷など身近な人のたどった戦争の悲惨さが生で伝わり、いかなる戦争も起こしてはならないという意識を強く植え付けられます。まだの方は一度是非訪ねてください。

今行進は、原水協・原水禁の皆様が思いを一つにしての取り組みと伺っています。是非皆さんの力強い行進で一人でも多くの町民・県民・国民が平和の尊さを再認識できるようにご期待を申し上げます。

当飯島町議会では6月定例会最終日の6月16日に、核兵器禁止条約の調印・批准を求める陳情書を採択し、また議員発議で行われた政府に対する意見書も可決しております。

飯島町議会も皆さんと思いを一つにしたことをご報告申し上げます。

最後に、ネット上の原水協通信オンザウェブ7/1投稿記事には、7/1日現在、陳情を採択した全国自治体の一覧表が掲載されていますが、その中に当町議会名が欠落しています。早急な加筆を願い、連帯と激励のごあいさつといたします。

 

2021/07/03 戦中戦後の戦禍に翻弄された皆様の人生に思いを巡らせ、悲惨な戦争が二度と起こらないように、世界中の争いが収まりますように願ってまいります。 折山

公開日2021/07/03
おりやま誠

選挙戦が終わりました。世代交代が進みます。若い皆様が次期の選挙に立候補していただけることを願っています。

3月20日の昨日をもって飯島町議会選挙が終わりました。

皆様のご支援で戦い抜くことが出来ました。開票はこれからですから、結果はさておき、皆様のご協力のおかげをもちまして、戦い抜けたことを感謝申し上げます。

今回は、コロナの影響で私の思いを・町づくりの公約をお伝えするすべがありませんでした。

そこで、最終日の土曜日だけは、町内の数十か所で、辻立ちの演説を行い、最低言わなければならない私の思いをお伝えしてまいりました。

以下はその辻立ちの元原稿です。この思いが皆様に伝わったかどうかは数時間後の開票結果で判明いたします。

私は今回の選挙を最後にしようと考えています。

このページに訪問いただいた町民の皆様の中に、町のために働く決意を固めて次回選挙で立候補をしようと思ってくださることを切に願い以下原稿そのままを掲載いたします。

僭越ながら、立候補される方は、自分の立ち位置を明確にして立候補することが大切だと思います。逆風が吹くかもしれませんが、受かるためにあっちにフラフラこっちにフラフラの姿勢はいずれ人々の信用を失ってまいります。    余分な一言ですが大切だと思います。

街頭演説の参考にしていただければこの上の無い幸いです。

 

2021/03/20 おりやま誠 辻立ち原稿

 

折山誠 折山誠 でございます。

折山誠が最後のお願いに伺いました。

お騒がせいたしますが、折山誠に少しのお時間を拝借願います。

私の公約の4つの柱をお伝えいたします。

一つ目は

〇私たちは今、ご高齢になった皆様方が、これまで家族のため・地域のために一生懸命働き・汗を流して守ってこられた町に暮らさせていただいております。

その皆さんには、町の政策をもって報いていかなければなりません。

〇ですから、折山誠は、ご高齢になった皆様が安心してこの地域に暮らしていける町づくりに力を注ぎます。そのために、折山誠は、地域医療・在宅支援の強化・地域助け合い制度の構築など、福祉政策と地域協働の充実を行政と力を合わせて進めてまいります。

二つ目です

〇折山誠です。子どもは、未来のこの町・この地域を、担っていく宝です。折山誠は、すべての子どもが同じ環境で学べ、育まれて行く、町づくりを進めます。

〇町の統計では、今、10人に1人の子どもが、経済的な支援を必要としています。世帯の状況で、子育てに差が生じてはいけません。世帯の都合で、子育てに差が生じてはなりません。

折山誠は、さらなる子育て世帯の支援充実を行政に働き続けてまいります。全町民の皆様の力で子どもたちを育ててまいりましょう。

三つ目です

〇折山誠は、新型コロナ対策に取り組みます。

まだ数年は、陽性者が増加したり、小康状態を保ったりの状況が続くものと思われます。

今後も、多くの産業・業種・事業所の経営的な危機が続くものと思われます。

折山誠は、事業継続支援・感染防止対策など、行政の連続した力強い対策の継続を求めてまいります。

また、リストラや勤務時間の縮小で、日々の暮らしに困る皆様も増えてまいりました。

折山誠はそのような皆様方を対象にした第3弾のプレミアム商品券の発行などの対策も急務だと考え、実現に取り組みます。

四つ目です

〇皆さん、これらの公約・政策の実現にはお金が必要です。

飯島町では今、目の前のコロナ対策に合わせて、未来の福祉充実のために、お金を稼ぐ政策にも取り組んでいます。トレーラーハウスについては、事業費の75%を国が負担してくれるのです。国でもトレーラーハウスを活用したワーケーションをコロナ終息後の力強いまちづくり政策のモデルとして注目している事業なんです。国の支援のある今が未来への投資のチャンスです。

皆さん福祉にはお金がかかります。

今コロナ対策だけを町に求めていては、少子高齢化がますます進むこの町の、未来の福祉の充実は期待できません。今未来に向けた投資も必要なんです。

折山誠は、コロナ終息後の力強いまちづくりのために、行政が取り組んでいる、循環ライフ構想・トレーラーハウスを活用したワーケーション事業に期待をし、その推進に協力してまいります。

どうか、地元〇〇候補共々折山誠へのあたたかなご支援賜り、三度、折山誠を議会の場にお送りいただきたく重ねてお願い申し上げます。

ご清聴ありがとうございました。

折山誠です。お騒がせしたことをお詫び申し上げます。

 

公開日2021/03/21
おりやま誠

本日から飯島町議会議員選挙戦がはじまりました。

これから、20日まで町民の皆様に「おりやま誠」の政策を訴えて、選挙戦を戦い抜いてまいります。

ご支援くださいますようにお願い申し上げます。

21日の投票日には、尊い一票を投じてください。

今選挙には、久しぶりに現役世代の若い皆さんの立候補があり、選挙戦も活気づいています。


20210313なぐ会機関紙8号 選挙4号

公開日2021/03/16
おりやま誠

後援会の意向を受けて、3期目の立候補を決定しました。

おりやま誠後援会つなぐ会機関紙 蕎麦の里 第7号2021年2月 をご覧ください。

クリックするとPDFデータでご覧いただけます。

公開日2021/02/09・更新日2021/03/16
おりやま誠

町議会議員 おりやま誠(まこと)

折山誠 おりやま誠の公式ホームページへおこしいただきありがとうございます。
このホームページは、飯島町町議会議員”おりやま誠”の議員活動の公表はもとより、飯島町の魅力を情報発信し、時には抱える悩みもお伝えしてまいりたいと思います

ごあいさつ

折山議員へ、メールする。

最近の投稿

カテゴリ

相互リンク

サイト内検索

メンバー

Login form protected by Login LockDown.